Nipper湘南SPレコード愛好会

pointHOME point愛好会概要 point例会報告 point会員の蓄音機 point会員のレポート pointお知らせ pointLINK pointMAIL

 

第11回例会 

平成25年12月8日(日)午後3時  会場:カフェサンスーシ

第1部 追憶の童謡集  担当:西山直利 

使用蓄音機:ビクトローラVV,1−90

今から六十年以上前の、まだ幼かった頃に耳にした懐かしい童謡を集めて、皆様と一緒に鑑賞致します。
きっと、当時に戻ったような感慨を覚えるのではないでしょうか。


(1) とんがり帽子(昭和22年) 川田正子  
                菊田一夫 作詞 小関祐爾 作曲     コロンビア A−294


(2) 靴が鳴る(大正8年)  香取みほこ  高橋裕子  狩野和子
                清水かつら 作詞 弘田龍太郎 作曲   コロンビア A−44

(3) 可愛い魚屋さん(昭和12年) 坂田眞理子
                加藤省吾 作詞  山口保治 作曲    ビクター 40053

(4) ねこふんじゃった(作者、年代不明、外国曲) 伴久美子
                海外では色々な曲名で歌われている。   コロンビア C−271

(5) 背くらべ(大正12年) 杉田和子
                海野 厚 作詞  中山晋平 作曲    ビクター B−114

(6) ねんねのお里(大正12年) 田端典子
                中村雨紅 作詞  杉山はせお 作曲   ビクター B−351

(7) 赤い靴(大正11年) 松永園子
                野口雨情 作詞  本居長世 作曲    コロンビア A−494

(8) 森の小人(昭和16年) 近藤恵子
                玉木登美夫 作詞  山本雅之 作曲   キング  10017

(9) 緑のそよ風(昭和23年) 川田孝子
                清水かつら 作詞  草川 信 作曲  コロンビア AK−102

(10) 花かげ(昭和6年) 川田正子
                大村主計 作詞  豊田義一 作曲   コロンビア C−25

(11) 交通整理のおまわりさん 川田正子 川田孝子 川田美智子(三姉妹)
                丘 十四夫 作詞  海沼 実 作曲  コロンビア C−325

(12) みかんの花咲く丘(昭和21年) 川田正子
                加藤省吾 作詞  海沼 実 作曲   コロンビア C−24

 

第2部 歴史的レコーディング集  解説:マック杉崎

使用蓄音機:ビクトローラ・クレデンザ

エンリコ・カルーソ(1873〜1921)
ガイスバーグが見出したカルーソの最初のテイク、1902年に録音した物の中からご紹介します。
本日は、”Caruso Discogrphy”に紹介されている回転数に合わせてお聴かせします。
このレコードは、71,9rpmと67,92rpmの二種類あり、78rpmと比べると1分間で約10回転も違ってきます。
78rpmでは、これはもうカルーソではありません。今日はその辺も聴き分けていただきたいと思います。
オペラ史上最も有名なテノール歌手。1902年のファーストレコーディング、G&Tミラノ録音、全20曲の内の3曲を聴く。イタリア出身。

 4月11日 10曲 71,29rpm
11月30日  7曲 67,92rpm
12月 1日  3曲 67,92rpm
※回転数につては ”Caruso Discogrphy”Dr John・R・Boingによる。
 初版:1973年、改訂:1988年

(1) ヴェルディ 作曲 歌劇「リゴレット」より
 マントーヴァのアリア ”あれかこれか”  G&T:GC,52344

(2) プッチーニ 作曲 歌劇「トスカ」より
 カラヴァドッシのアリア ”星は光りぬ”  G&T:GC,52349

(3) ポンキエリ 作曲 歌劇「ジョコンダ」より
 エンツオのアリア ”空よ海よ”      G&T:GC,52417


ネリー・メルバ(1861〜1931)
続いて、フランス歌曲を2曲聴いて頂きます。他の国とは余りにも異質な独自の音楽です。先ず、メルバをお送りします。
このレコードは、ロンドンでの録音、丁度100年前のもので、一番入手困難なSPレコードです。
そんな訳で私もIRCC盤です。歌詞をご紹介します(対訳を朗読)。録音レベルが低いので音が小さいです。
ヴィクトリア朝後期から20世紀初頭にかけての最も有名なソプラノ歌手の一人。オーストラリア出身。


(4) ショーソン 作曲 プショール 詞 ”リラの花咲く頃”

1913年、ロンドンでの録音 IRCC:NO,7



ピエール・ベルナック(1899〜1979)
1930年代の電気録音です。音もメリハリがはっきりしていて、これぞSPレコードという音がします。
この曲の歌詞は、ボードレールがテュパルク夫人に献呈しています。
半音階とピアノのアルペジョの曖昧模糊とした響きの中に、フランス歌曲独特の難解な歌詞がちりばめられています(対訳を朗読)。
ピアノ伴奏は、作曲家のプーランクです。
フランス語芸術歌曲の卓越した解釈者、声楽教師の重鎮としても高名なバリトン歌手。多くの優秀な弟子を排出した。フランス出身。



(5) デュパルク 作曲 ボードレール 詞 ”旅への誘い”
              ピアノ伴奏:F・プーランク          HMV:DB−6312