Nipper湘南SPレコード愛好会

pointHOME point愛好会概要 point例会報告 point会員の蓄音機 point会員のレポート pointお知らせ pointLINK pointMAIL

 

第17回例会 

平成26年12月7日(日)午後4時  会場:鎌倉”サン・スーシー”

     テーマ:蓄音機による電気再生−
     アーコスティックから電気へ移行の狭間で生まれたアイテム達

担当:喜代門 守 会員

 今回は、20年代ラジオのスタートとともに蓄音機の電気録音、電蓄の発売に至る歴史の中で生まれたアイテム達を紹介して行きました。

まず最初のアイテムは”蓄音機を利用してラジオを聴く!”という事でWestern Electric W423ドライバーをサウンドボックスの代わりとして

サンスーシーさんのクレテンザにての音楽再生です。

W423はマグネチックホーンドライバにて最初期型のアイテムとなります。数年するとダイヤフラムを使った蓄音機用のドライバが使われるように

なって来ます。

これらのアイテム達は励磁型スピーカーやマグネチック型コーンスピーカーが流通してくると使われなくなって来ます。

30年代に入ると蓄音機メーカーは電蓄に移行して行きます。みなの憧れのオーディオシステムとなります。

価格的にも高価でしたので次には”ラジオと蓄音機を利用して電蓄の音を聴く!”アイテムが出て来ます。

これらのアイテムは蓄音機のサウンドボックスの代わりに取り付けてラジオのピックアップ端子入力にいれて音出しします。

日本では戦後まで使われていたアイテムになります。

こちらのアイテム達も電蓄が普及してくると役目を終えて使用されなくなります。

 

曲目
・Westurn Electronic W423
  Listen to the Mocking Bird / Corinne Morgan & Frank C. Stanley  1904
  FRIML  Indian love Call  /  Fritz Kreisler   1926
・Victor Speaker Driver
  ROMBERG  Deep in my Heart, Dear  /  Fritz Kreisler   1926
  Reynald Hahn   Sonatine-1   /  Magda Tagliaferro  1936
  My Funny Valentine  /  Carmen McRae
・HMV No.11 pick up
 Beethoven  Rondino on the theme / Fritz Kreisler  日本ビクターHL-5-B
 Hendel  Chaconne  / Edwin Fisher  Electrola D.A.4401

1920年代に始まったラジオ放送、そして電気式録音、電蓄の販売、29年より始まる世界恐慌
と目まぐるしい技術の革新と大衆の動向。価格面や音質の改善の中でSP盤の再生方法も様々
な試みやアイテム達によって改善されていきます。その中で時代時代の隙間を埋めるような
アイテム達が本日紹介した以外にもまだ沢山有るようです。そのような愛おしいアイテム達
に心惹かれる当方ですが、そのようなアイテム達を知るという事はその時代の背景、そして
先人たちのアイデアを垣間見る楽しい時間でも有ります。
また機会がありましたらこのようなアイテム達を紹介したいと思います。
                                                               喜代門

 

忘年会

 

日時:平成26年12月8日(日)午後6時〜9時

会場:鎌倉山下飯店

 

 第4回総会において、全議題を会員の皆様にご承認いただき無事終了しました。その後、会場をサンスーシから鎌倉駅前の山下飯店に移し

恒例の忘年会を開催しました。

会場には15名の会員がお集まり下さり、先ず村上会長の挨拶の後、続いて杉崎顧問の乾杯の音頭で宴が始まりました。

各テーブルでは料理やお酒を味わいながら、各自の今年一年間の出来事や最新情報、そして入手した物などの話題で盛り上がりました。

やがてビンゴゲームの時間になると、会員からの協賛品である、SP・LPレコードやCD、鉄針やHMV・ニッパーグッズ、“あらえびす”の著作本

などが参加者全員に当たり、あちらこちらで、お目当ての品に歓声が上がっておりました。

楽しい時間は早く過ぎるもので、金子委員長の閉会の挨拶で散会です。来年の再会を約し、それぞれビンゴの景品をお土産に帰路に就きました。

 

(実はおわびがあります。編集部員は楽しさの余りお酒に飲まれてしまい、写真を撮ることを忘れてしまいました。

一昨年も同じ理由で写真がありません。懲りない自分に反省しております、申し訳ございませんでした。   編集部)