蓄音機で味わうクラシックの名演奏Vol.2

「蓄音機で味わうクラシックの名演奏Vol.2」

■使用蓄音機
E.M.G. Mark IX

■プログラム
・Vn独奏曲
クライスラー:愛の喜び
フリッツ・クライスラー(VN)、カール・ラムソン(P)
日本ビクター ND-598 録音:1926年頃

・Vn独奏曲
パガニーニ:「ラ・カンパネラ」op.7〜第3楽章「鐘のロンド」
ユーディ・メニューイン(VN)、フーベルト・ギーゼン(P)
英HMV D.B.1638 録音:1931年頃

・Vc独奏曲
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007〜プレリュード
パブロ・カザルス(VC)
仏HMV D.B.3671〜3673 録音:1938年6月2日パリ


・Vn. Solo
Kreisler:Liebesfreud
Fritz Kreisler(VN), Carl Lamson(P)
Victor, JP ND-598 Recorded: around 1926

・Vn. Solo
Paganini:Violin Concerto No.2, 3rd mov. Op.7 “La Campanella”
Yehudi Menuhin(VN), Hubert Giesen(P)
HMV, UK D.B.1638 Recorded: around 1931

・Vc. Solo
J.S.Bach:Prelude from Suite 1 for solo cello G-Dur BWV 1007
Pablo Casals(VC)
HMV, France D.B.3671 Recorded: Paris, June 2, 1938

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です