Nipper湘南SPレコード愛好会

pointHOME point愛好会概要 point例会報告 point会員の蓄音機 point会員のレポート pointお知らせ pointLINK pointMAIL

REPORT Vol.3

 

会員のお宅訪問第1回 渡邉治雄会員  Sep.25.2013
編集部
 

 

今号からの新企画として、会員のお宅を訪問させて頂き、所蔵するコレクションの数々と、これに寄せる思いを語って頂き、会員の皆様にご紹介する事になりました。

第1回は愛好会の副会長である渡邉治雄さんです。氏は日本でも有数のEMGのコレクターです。蓄音機の紹介は、毎号で発表されている論文に譲りますので、そちらをご参照ください。

訪問させて頂いたのは平成25年9月25日の午後、会員4名と筆者の計5名は、箱根駅伝でもおなじみの国道1号線の戸塚警察から、藤沢方面に500m位進んだ位置にある、見晴らしの良い高台に建つ瀟洒な高層マンションの1室を訪れました。

玄関のドアには、“蓄音機ミュージアム、代表 渡邉治雄” と名札が付いています。チャイムを鳴らすと、「いらっしゃい」と渡邉さんは笑顔で迎えてくださいました。 このミュージアムには、十数台の蓄音機が設置されていて、渡邊さんが数ヶ所で経営されている、(有)補聴器フィッテイング研究所に置いてあった蓄音機を、一ヶ所に集めました。氏の、じっくりと鑑賞したり調整したい、との思いからだったそうです。

恐らくEMGが、これほど沢山の台数を一堂に会している場所は、他には見当たらないのではないかと思われます。うかがったところ、マンション購入には次のような経緯があったそうです。 奥様に自宅を建て替えて、その一つのフロアーを蓄音機ミュージアムにしたいと相談したところ、あえなく却下されてしまい、仕方なく今回マンションを購入されたそうです。この件は、奥様にはご相談せずに購入したので、ご存じ無いのだそうです

小心者の筆者は、その話を聞いてからは胸がドキドキしてしまいました。この記事が、どうか奥様の目に触れないようにと、心から祈るばかりです。 

廊下を進み、蓄音機に囲まれたホールに案内されました。遠くに横浜のランドマークが見えます。見晴らしが良く、気持ちの良い、明るいお部屋で、お正月は大学駅伝、夏は横浜の花火も見えるそうです。ホールの一角にはテーブルがあり、ここで趣味の良い漆器のカップでハワイ産のコーヒーや、お皿に盛った同じくハワイのチョコレートを御馳走になり、その美味さに一同舌鼓を打ちました。SPレコードの鑑賞が始まりEMGマーク7やマーク9を聴かせて頂きました。その隈取のはっきりした明解な音は、渡邉氏曰く、「これぞハイファイの音」との事でした。興味深かったのはサウンドボックスです。このちがいによって音が変化するのです。HMV194やクレデンザとの聴き比べも、それぞれに個性があって面白いものでした。今回は第1回の訪問に相応しく、一同優雅な気分に浸った一日でした。渡邉さん、ありがとうございました