第3回例会「ルミエールによるヴァイオリンの巨匠達」

平成24年8月24日(日)午後4時〜6時
会場:カフェサンスーシ

テーマ:“ルミエールによるヴァイオリンの巨匠達”
担当:村上信至

HMV 460 ルミエールについて

フランスのルイ・ルミエール(映画の発明者)の発明機。キャッチフレーズが、“No soundbox, No tonearm, No horn”であった。

明快かつ柔らかく、繊細な音がする。製作は1924〜1925年の一年間のみ。販売台数は1037台、売れ残ったルミエールは通常の蓄音機に改造されてHMV 461として販売された。

ルミエールがあまり売れなかった理由としては、構造上とてもデリケートであり、 取扱が難しい事が考えられる。振動板が紙であるため、直接手を触れると簡単に破れてしまう。

現存する物は殆どが修理を施されていて、完品は台数が少ない。しかし、良く整備し調整されたルミエールの、美しい音色は魅力的である。

HMV ルミエールを聴く

1. ヘンデル:調子のよい鍛冶屋 ランドフスカ(クラブサン)

2. グノー:セレナーデ ロガチェウスキー(テノール)

3. ジュナン:ベニスの謝肉祭 モイーズ(フルート)

4. 竹久夢二作詞・多忠亮作曲:宵待草 ベルトラメリ能子(ソプラノ)

SPコンサート ヨアヒムからハイフェッツまで

1. ヨーゼフ・ヨアヒム(ストラディヴァリウス) ブラームス:ハンガリア舞曲第2番

2. アドルフ・ブッシュ(ストラディヴァリウス) ドボルザーク:スラブ舞曲第6番

3. ウィリー・ブルメスター(?) ラモー:ガボット

4. ヨーゼフ・ヴォルフシュタール(グァルネリ・デル・ジェス) ブラームス:ワルツ

5. ブロニスラフ・フーベルマン(グァルネリ・デル・ジェス/ストラディヴァリウス)
バッハ:パルティータより

6. ユージン・オーマンディー ミネアポリス交響楽団 クライスラー:愛の悲しみ

7. バルナバス・フォン・ゲッツイ(ストラディヴァリウス) R・コルサコフ:印度の歌
コリュス(ソプラノ)ザイドラー=ウインクラー指揮 管弦楽団

8. フリッツ・クライスラー(ストラディヴァリウス) 自作:ヴィーン奇想曲

9. ヴァーサ・プシホダ(ストラディヴァリウス/グァルネリ・デェル・ジェス)
ドヴォルザーク:スラブ舞曲第10番

10. ウージェーヌ・イザイ(ストラディヴァリウス/グァルネリ・デル・ジェス)
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲第3楽章

11. ジャック・ティボー(ストラディヴァリウス) グラナドス:スペイン舞曲

12. ジョルジュ・エネスコ(グァルネリ・デル・ジェス) プニャーニ:ラルゴ・エスプレッシーボ

13. カール・フレッシュ(ストラディヴァリウス/グァルネリ・デル・ジェス) ファリャ:ホタ

14. トーシャ・ザイデル(ストラディヴァリウス) ブラームス:ハンガリア舞曲第1番

15. ヤッシャ・ハイフエッツ(グァルネリ・デル・ジェス) サラサーテ:チゴイネルワイゼン
バルビロリ指揮:ロンドン交響楽団

予定した2時間で用意したSPレコードを全て聴くことができず、数枚が残ってしまいました。
そこで午後6時に一旦閉会し、カフェサンスーシさんのご協力を得て、懇親会の時間を延長し、残りの数枚を聴いて頂くことが出来ました。ご配慮をいただき感謝しております。

その後、皆さんの持参したSPレコードも聴かせていただきました。
リストの「ハンガリー狂詩曲第2番」、「モンテカルロの一夜」や「会議は踊る」、クライスラーやザイデルのヴァイオリンなどを楽しみ、結局終了したのが午後8時。またもや時間延長になってしまい反省することしきりです。 皆様、ご協力ありがとうございました。

前回の第2回例会は私の急な入院により、今回の第3回例会のプログラムと入れ替えさせて頂きました。
この変更をお詫びしますとともに、快く対応してくださった、金子さんに感謝と御礼を申し上げます。

【おすすめ記事】  第30回例会「20世紀の大指揮者 第2回 ブルーノ・ワルター」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です