Nipper湘南SPレコード愛好会

pointHOME point愛好会概要 point例会報告 point会員の蓄音機 point会員のレポート pointお知らせ pointLINK pointMAIL

 

第14回例会 

平成26年6月8日(日)午後2時  会場:大磯“無罣庵(むけいあん)”」出席者:24名

コミックソングの歴史

添田唖蝉 生誕の地に因んで”

豊年斎梅坊主からトニー谷まで

講師:村上信至

 


岡田則夫氏


講師:村上信至

 

当日の例会には、岡田則夫氏がご出席くださった。氏は著名な大衆芸能研究家で、著作も沢山ある。

現在レコード・コレクター誌に連載記事を長年にわたり掲載中である。

 また、当愛好会の創設会員でもあり、今回のテーマについても、いろいろとご相談させていただき、沢山のご示唆を下さった。

湘南SPレコード愛好会としても心強いかぎりである。  

講演会に先立ち、ご挨拶を頂いた。


再生装置について

 今回は、初めての試みとして、録音と同時代の装置で電気再生に取り組んだ。1930年代の鉄針用ピックアップを使用したHMV社製のプレーヤーと、同時代のドイツ製電磁型のスピーカーを使用して、当時の電気再生音を再現している。装置は喜代門守氏にご協力をお願いし、今回実現する事が出来た。

蓄音機でもなく現代のカートリッジでもなく、音は明解でありながら耳に心地よい。今回は会員の皆さんに大変好評であった。今後も電気再生の可能性を追求して行きたい。

 

コミックソングとは

滑稽な持ち味の音楽のこと、歌や演奏で物まね、ギャグ、ナンセンス、風刺、駄洒落、エロ、パロディーと多岐に亘る。


 

日本のコミックソングの歴史



古くは江戸時代の大道芸である、願人坊主の「阿保陀羅経」まで遡ることができる。
明治時代には「かっぽれ」の名人、豊年斎梅坊主が時節に合った「阿保陀羅経」を演じ、これが流行する。
これはガイスバーグによる1903年の日本初録音、いわゆる出張録音のG&T盤で聴くことができる。
また、自由民権運動の中から壮士節が生まれる。これは運動が政府から弾圧され集会の自由を奪われた結果、
已む負えず街頭で歌うことでその主張を訴えることから始まった。
壮士演歌という。演歌とは演説歌のことで、最近の演歌とは別物である。
明治後期には、添田唖蝉坊は民衆が親しみ易い音楽へと高めた。
演歌の誕生である. 大正に入ると、演歌師に学生のアルバイトが加わる、これを書生節と言い若い女性に人気となる。
これがアイドル化して、演歌師と並行して昭和初期まで続く。これらは、アーコスティック録音盤で聴くことが出来る。
昭和になると、蓄音機やラジオが普及する。これにより演歌師の時代は終わり、
作曲家や作詞家が作り出す曲を、スター歌手を使い最新の電気録音で売り出すレコード産業中心の時代になる。
この頃から開戦までの所謂「昭和モダン」の時代は百花繚乱であり、一つのピークを迎えるのである。
終戦後、今迄とは異なった新たな才能や感覚を持った人達が登場する。
そして、新たなパワーで日本復興に向けて力強く歩み出すのである。


※曲の解説はホームページにある会員のページをご覧ください

 

<曲目>

明治

1. 阿保陀羅経:「出鱈目」 

  ()豊年斎梅坊主

     明治43年録音 ニッポノホン2352

 

2.まっくろけ節:添田唖蝉(18721944)    

   ()市助    

 大正2年録音 オリエントA733

 

大正

3.スットントン節  

  添田智道(19021980):作詞・作曲 

  ()砂川捨丸

 大正11年録音  オリエント2768

 

4.  書生節「ノンキナトウサン」 

   添田唖蝉坊作曲/石田一松作

   ()石田一松  

   大正13年録音 ヒコーキ 16197

 

昭和

5.  お伽歌劇「茶目子の一日」

  佐々紅華(1,8861961)作詞/作曲

  ()平井英子/高井ルビー/二村貞一 

  演奏:日本ビクター管弦楽団

 昭和4年録音 ビクター50681

 

6. 酋長の娘   

 ()富田屋喜久治 外囃子連中

   昭和5年録音  ポリドール333

 

7.   洒落男「ゲイ・キャバレロ」

   ()二村定一 

   演奏:アーネスト・カアイ・ジャズバンド

   昭和5年録音  ビクター51013

 

8.  アルコール行進曲  

   ()バートン・クレーン 

   演奏:コロンビア・ジャズ・バンド

   昭和6年録音コロンビア26701

9. エノケンの月光價千金   

()榎本健一 演奏:ポリドール・リズム・ボーイズ

 

日本ポリドール・スイング・オーケストラ

 

昭和11年録音  ポリドール2374

 

10.もしも月給が上がったら  

   ()林伊佐雄/新橋みどり

   昭和12年録音   キング10136

 

11. 四人の突撃兵  

   ()あきれた・ぼういず 

   昭和13年録音  ビクター54469

 

12.浪曲ダイナ   

   ()川田義雄

   昭和14年録音   ビクター54598

 

13. 笑うリズム   

   ()なんじゃら・ほわーず 

 昭和15年録音  タイヘイ17098

 

14.   僕は特急の機関手で  −東海道・九州編− 

   三木鶏郎作

    ()轟夕起子/波岡惣一郎/服部富子ほか

    昭和25年録音 ビクター40595

 

15. 田舎のバスで   

  ()中村メイコ    

   昭和29年録音  ビクターV41347

 

16. そろばんチャチャチャ  

   ()トニー谷   

   録音年代不明  ビクター41495

 

 

あとがき

 

 こうして、コミックソングのSPレコードを明治から昭和20年代まで振り返ってみると、その時代感覚の変化に驚かされる。

改めて流行り歌は、歴史という縦線に、文化という横線で、布を織るように作られてきたのだなと感じる。

そしてそこには、市井に生きる庶民の感情が、様々な色で染められている。

−完−                               

例会終了後、岡田則夫先生を囲んで。